0 Articles
0 News
0 Properties
0 Page
0 Blog

グレナダにする理由

所在地/交通

 
          グレナダは、テネシー州メンフィス及びミシシッピ州ジャクソンの間という戦略的な立地にあり、すべての米国主要市場から車で半日以内の距離にあります(主要市場への距離はこちら)。また、グレナダの中心地においては、半径60マイル内に居住する432,000人以上の人口へダイレクトにアクセスできます。
 
                       車で
                       イリノイ州シカゴからルイジアナ州ラプラス(La Place)に至るインターステート・ハイウェイI-55(米国で唯一ミシシッピ川を2回渡るインターステート・ハイウェイ)上に位置し、グレナダは米国のすべての主要市場とつながっています。またグレナダは、テネシー州メンフィスの米国流通センターからI-551時間以内の距離に位置し、U.S.ハイウェイ51及びステート・ハイウェイ7及び8へダイレクトにアクセスできます(地図はこちら)。

 

                       飛行機で
                       グレナダ地方空港は、グレナダ市の北3マイルに位置し、あらゆるタイプの航空ニーズに対応できます。空港はグレナダの最も多忙な工業団地のためにサービスを提供しており、最も重いジェット輸送機及びあらゆるタイプの社用ジェット機が利用可能な7,000フィートの滑走路を有しています。また、グレナダ地方空港は、ミシシッピ州ジャクソン及びテネシー州メンフィス間において、唯一、計器着陸システムを装備した施設及び自動気象観測システムを有しています。
 
                        鉄道で
                        鉄道は、ミシシッピ州ジャクソン及びテネシー州メンフィス間を結ぶ短距離鉄道であるグレナダ鉄道の利用が可能です。グレナダ鉄道は、貴社の貨物につき競合関係にある鉄道会社同士をを提携させることにより、主要交差路で路線を換えるための費用を削減するというユニークな機会を提供します(グレナダ鉄道LLCの詳細についてはこちら)。
 
                       船で
                       グレナダはミシシッピ川下流のローズデール港から73マイルのところに位置します。3.3マイルのスラック・ウォーター・チャネルは、工兵隊によってドラフトが最低9フィートに保たれ、年間を通じてサービスを提供しています。ニューオーリンズ港から所要約5日間の河川輸送により、輸出入向け原料及び製品の費用効率の高い輸送が可能です。
 
                        港は、150トンのクローラー・クレーン、ドライバルク荷積みシステム(トラックから荷船)及びその他ドライバルクフリーフローイング商品、その他ドライバルク原料を移動するためのドライバルク除荷システム(荷船からトラック)を備えた一般貨物ドックを有します。
 
          市場へのアクセス
 
          グレナダは、すべての主要米国市場から車で半日以内の距離にあります。地図はこちら(ここがリンクとなる予定)。
 
          熟練した労働力
 
          グレナダの労働力は、卓越した製造業の長い歴史を有しています。数十年に渡り、グレナダの住民は製造業部門で働いており、2009年には、グレナダの労働力の32%以上が製造業部門に雇用されていました。これらの数値は、ミシシッピ州及び米国の平均値の倍以上です。
 
          建物及び工業用地の利用可能性
 
          グレナダは既存及び新規企業が利用可能な工業用地を1,600エーカー以上有しています。経済開発局が、貴社のニーズに合った適切な用地又は建物を探すお手伝いをさせていただきます。
 
          インセンティブ
 
          貴社に提供可能なインセンティブを認定するため、専門家チームが貴社及びミシシッピ州に協力します。利用可能なインセンティブ及びリソースは、以下を含みます。
 
          a    貴社の労働力の確保及びカスタマイズされたトレーニング
          b    地方税及び州税の引下げ又は撤廃
          c    グレナダ郡で貴社の施設を開設する過程における援助
          d    地方及び州レベルにおける許可の迅速処理